2018年7月16日月曜日

マニアと非マニアの温度差 part3

何年か前のお話です。


定例観察会で、お客さんにいろいろ解説したり、質問を受けていた時のこと。

「やっぱり、みなさん望遠鏡持ってらっしゃるんですね」
「そうですね、会のメンバーはほとんど持ってますね。持ってない人もいますけど」

その筆頭が自分です( ´艸`)
いや~。だって、この頃からハマってるのが人工衛星探しですからねぇ。やっぱり望遠鏡じゃあきっついですよ。
ところが、そのお客さんは「え?」っと不思議そうに。


「じゃあ、曇りの日はどうやって観察してるんですか?」


……はぁ?

え? ごめんなさい、質問の意味が理解できません。
どういうことか、聞いてみました。すると。


「え? 望遠鏡使えば、曇りの日も星が見えるんじゃないんですか?」


どこの電波望遠鏡ですか!?


かなりびっくりしつつ。
確かに、雲を透過して観察することができる電波望遠鏡も存在する。でも会のメンバーが持っている望遠鏡は、基本目に見えるものをそのまま拡大して見ているだけ。
という内容を噛み砕いて説明したところ。


「え? そうなんですか! てっきり曇りの日でも星が見えるものだと思ってました」


おいおいおいおいおい。
それ単に、録画した画像をのぞき込んで見ているようなもんじゃん。
多分この方、電波望遠鏡で見える星は、可視光で見ているのと同じように見えると思ってるんだろうなぁ。
と、うっすら思いましたが、そこまでの説明の必要性を感じず(聞いてる方も面倒でしょうし)、割愛しました。



いや~。
うん。
特殊例なんだと信じたいです。

2018年7月10日火曜日

保育園からの依頼観察会



7月6日(金) 大森保育園からの依頼観察会に行ってきました( ^o^)ノ
大森保育園のお泊まり会という事で本気の肝試しの後(マジ凄いらしい!大人向けの様な...)、子ども達がお休みする前の観察会ですo(^-^)o
あいにくの天気でお外での望遠鏡観察は叶いませんでしたが、ゼウスの星のお話し、ホームスターProでのプラネタリウム投影、壁に貼り付けたお月様の写真を望遠鏡で疑似観察会を行いました(^_^)v

2018年7月9日月曜日

◆ 7月の定例観察会は火星大観察会!

 
 
東の空に赤く輝く火星がいよいよ昇ってくるようになりました。
 横手星の会でも、この7月は火星を観察する会を開きます。
 いつもの観察会に加えて、7月28日(土)にも観察会を行います。
 さらに、8月の定例観察にも火星を観察します。
 大きな望遠鏡で見るので、もしかすると表面の模様が見えるかも知れません。
みなさん、ぜひお出でください。

2018年7月7日土曜日

マニアと非マニアの温度差 part2

問題
 A~Dのうち、オリオン座はどれでしょう。

 という問題が、テレビ番組で放送されました。
 解答者は女性10人。
 「オリオン座だば、さすがに正解率半分は超えるべ」
 と思っていたキリエシ。

 しかし現実は厳しかった。

 正解者、2人。

 嘘でしょ!?
 いや~。だって、A北斗七星、Bさそり座、Cしし座と、メジャーどころ。例えオリオン座が判らなくとも、消去法でDを選べそうなものなのに……。
 しかも、選択肢が4つの中での正解率2割って、確率論的な数値とも一致するという……。
 ……このお2人、まさか、判らんで適当に選んだらたまたま当たった……?
 いやいや! ちゃんと知っていて選んだんだ!

 と、思いたいのです……。



 そして、思い知らされます。
 一般女性の、星座に対する興味関心って、この程度だよね~、と。