2017年6月24日土曜日

◆ 久しぶりの土星


 昨夜は天気が回復して星夜となりました。透明度が良く、気流も比較的落ち着いていたので、久しぶりに土星の撮影にチャレンジしました。土星の撮影記録を調べたら、前回は2015年7月11日ということで、2年ぶりです。
 以前から、惑星を撮影する際の大気分散による色のズレが気になっていたので、今回はZWOの可変ウエッジプリズムを使用してみました。その効果が現れて、以前よりもシャープなイメージになった感じがします。
 システムは、μ-210+×2.5パワーメイト+imagings sourceDFK21AU で1000フレーム3000コマのうちの良い方1500コマをRegistaxでスタックしたものです。パワーメイトと撮像素子の間にウエッジプリズムを入れたために、ほどよい拡大率になりました。
  DFKは8bit処理なので、階調がゴツいです。セレストロンのSkyrisやZWOのASIシリーズなどは12bitなので、もう少し滑らかになるのかもしれません。
 土星は木星と比べると暗いので、シャッター速度が1/15、ゲインが900程度になってしまいます。ネットでは惑星の細かな描写の写真がたくさんありますが、もう少しうまく撮れないものかと思案しています。来年は火星が大接近するので、それまでに、もう少し撮影技術を磨きたいものです。 
 
 
 

2017年6月20日火曜日

◆ 6月定例観察会

 
日中の「星空への招待」に引き続いて、夜は秋田ふるさと村第4駐車場で観察会を行いました。農機具展示会が行われていて、会場使用でハプニングがありましたが、無事に行うことができました。
 ここしばらくの間ではいちばん!と思えるような素晴らしい天候で、土星のカッシーニの隙間はもちろん、エンケのエンケの空隙まで見えそうなくらいでした。ゼウスは太田のラベンダー園に出張で、星のことなら何でも知っている Sさんが星空案内をしてくれました。日中来てくれた方も多く、たくさんの皆さんと春の星座や星々を夜遅くまで楽しみました。

◆ 「2017 星空への招待 ~春~ 」

  始まる1時間も前から並んだ方もいて、開場間際には長蛇の列となりました。

 今回もスペーシアいっぱいのお客さんが来てくださって、ほぼ満席に近い状態でした。
 
  星空案内人の横手星の会の看板スター “ゼウス” に後光が差しています。
 LEDライトの焦点をあまりに絞りすぎて、チップの形そのままになってしまいました。
反省   <(_ _)>
かみのけ座やへび座などあまり聞き慣れない星座も神話を取り混ぜて春の星座や星々をじっくりていねいに案内してくれました。
 エンディングはスペーシアいっぱいに広がる美しい秋田の夜空でした。















 上映終了後は、アンケートを書いてくれた方に写真を差し上げました。
 

 これを目当てに来るリピーターもいるとか?! 「それ、前にもらった。」という声も聞かれました (^_-)
 



2017年6月14日水曜日

◆ 久しぶりのお天道様


 昨夜は久しぶりに晴れたものの、土星を撮ろうかと思ったら薄雲が出てきて断念(-_-;)
 今朝は素晴らしい晴天でしたので、しばらくぶりに太陽に目を向けてみました。
黒点は見られませんでしたが、縁のあちらこちらからプロミネンスが出ていました。太陽表面とは明度差が大きく、両者をうまく撮るのはなかなかたいへんです。

2017年5月31日水曜日

◆ 6月17日(土)は「星空への招待 ~2017春~」

 

 再来週  6月17日(土)は、 「星空への招待 ~2017春~」です。

 ゼウスが「春の星座を楽しもう」というテーマで、お話を聞かせてくれます。
 今回は大判ポスターは作成せず、上のような子供向けフライヤー(チラシ)を市内各小・中学生みんなに配布することで準備を進めています。来週末には届くと思いますが、開催日ギリギリの配布になりそうです。
 みなさんお誘い合わせの上、お出で下さい。会員の皆さんにはPRをよろしくお願いいたします。

2017年5月25日木曜日

横手南小学校 依頼観望会

5/24 横手南小学校5年生「きら星学年」の宿泊学習にお招きいただき
保呂羽山少年自然の家に行ってきました。

あいにくの曇天で外で実際に望遠鏡を
覗いてもらうことはできなかったのですが、
ホール内でゼウスの星の解説をたっぷりお聞きいただきました。

春の代表的な星座、夏の大三角、誕生星座、からす座のお話など
盛り沢山の内容です。

続いて満天星さんによるちょっと難しいお話。
宇宙の始まりから、ちょっと気になる天文・宇宙の現象など。
最後はシミュレーションソフトを使用して地球を飛び立ち
太陽系をめぐって銀河系へ、さらに宇宙の果てまで
宇宙旅行を楽しんでいただきました。

みんなの心の中にある素敵な「きら星」を
輝かせて、この後の学校生活も頑張ってくださいね★


2017年5月20日土曜日

連日の晴天

平鹿町で撮影していたはずの満天星さんを
わざわざ千畑まで呼び出して撮影に付き合わせた川井です(^^);

新しい赤道儀でもR200SSの焦点距離になると
1分程度がノータッチガイドの限界でしょうか?
とりあえず、赤道儀の使い方に慣れることから始めます。

写真はすべてR200SS ISO1600 90秒
トリミングありです。




 平鹿町道満峠からの夕景

 Iphone恐るべしですね。
 山の端の白トビは愛嬌のうち。手軽にパノラマ写真が撮れるわ、HDR(明暗の差をうまく補正すること)も自動でやってくれるわ、本当にびっくりモノです。これでは写真屋さんも腕の見せどころが無くなってしまうわけです。そのうち、星空☆モードまで付いたりして・・・!?


美郷町ラベンダー園で・・・
 
 それからそれから撮影に出ました。K氏の赤道儀は新型とあって、なかなか使い易そうです。
こちらは天下森と比べると断然明るいです。それでも、RAWでの画像処理で、何とか見られるようにがんばってみました。今度は手前に菜の花でも入れて撮りたいです。
 春の星々真っ盛りに、惑星の王者木星が「オレの夜空」とばかりに爛々と輝いていました。
 
  処理前                 処理済 
 
左がカメラ撮って出しのままですが、こうなってくると、何が本物か分からなくなってきますネ。    
  化粧前と化粧後と理解すれば納得かな。 ?!?

2017年5月19日金曜日

◆ 先日の木星


 先日撮影した木星です。
 大気分散補正用可変ウェッジプリズムを使ってみました。シーイングが良かったこともありますが、撮影イメージがこれまでよりもシャープな印象を受けます。今の機材や技量ではこの程度かな!?
 土星や来年大接近する火星となると、光量が少なく、しかも、高度が低いために補正量も大きくなり、撮影条件はさらに厳しくなります。

 明日の定例観察会も天気が良さそうで、期待できそうです。ただ、PR不足で、また会員中心の観察会になりそうですね。

2017年5月18日木曜日

鶏・ニワトリ・庭撮り


今週は天気がよさそうですね。

平安の風渡る公園に行ってきました。
レトロな橋と星空を撮りたくて
明るいうちに下見はしていたんですが、
夜はやっぱり怖いですね・・・

早々に退散して、家の庭先に望遠鏡を出して遊んでました。
初めての自動導入機、今まで見つけられなかった星団や銀河が、
面白いようにド真ん中に入ってきます。
こりゃ、ますます星の場所を覚えれなくなるぞ(^^);


2017年5月5日金曜日

環水平アーク 見っけ♪

横手の上空ではっきりと見えました♪

2017年5月4日木曜日

◆ 同じく・・・です。

 今年の連休前半は天気も良く、乾燥しているうえに空気がとてもよく澄んでいて、シーイングにも恵まれて、惑星の観望チャンスでした。木星表面の模様もよく見えています。木星周辺の輪郭がこれだけはっきりと写ってくれることは滅多にありません。
 他の人の撮影した惑星写真を見ていると、素晴らしいものがたくさんありますが、機材はもちろんのこと、撮影に手間を掛け、技術を磨いていることがよく分かります。
 

 
 木星を拡大して見ると、右端のSEB(南赤道縞)帯に大赤斑がわずか見えています。
 ステラナビのシミュレーション画像は実際の様子から若干進んで表現されています。
 木星と地球の距離は光の速さでも30分程度かかりますので、実際の模様は、その分遅れて見えているためと思われます。そのタイムラグが実際に近いものか、そのうち確かめてみたいと思います。
 

 こちらは球状星団M13
 
  μ210の直焦点、1分ノータッチガイド撮影の1枚撮りです。長焦点のために高感度短時間での撮影です。本当は、夜も更けて寒くなり、面倒になってきたので・・・ (*_*)
 
 反射望遠鏡のスパイダーによる発射線は、星を美しく見せてくれますが、画面方向にきちんと合わせておいた方が見映えがします。
 ピント合わせにはバーティノフマスクを使いますが、その効果は絶大です。
  明るい星をライブビューで10倍拡大し、さらにルーペで見てピントを合わせていきますが、軽く触れる程度といったわずかのところまでピントを正確に追い込むことができます。
 
 


庭先で月見

世の中、ゴールデンウィークですね~♪
今年はあったかくて天気も良くて最高のお出かけ日和ですね。

私は残念ながらお出かけできないので、庭先で月見&星見に徹します・・・

ということで、昨晩のお月様と春の銀河です。



2017年4月24日月曜日

桜を求めて・・・深夜徘徊

昨晩は久しぶりに晴れましたね。
なんだか桜と星空が気になって寝れなかったので、
夜中の2時頃こっそり家を抜け出して深夜徘徊してきました。
風もなく気流も穏やかでしたが、気温は2度くらいまで下がったようです。

もうすでに天の川や夏の星座が出ていました。
桜はまだ、もう一歩ってとこでしょうか?





2017年4月16日日曜日

◆ 今年初めての観察会

 昨夜は、今年初めての「星空観察会」でした。
 日中は一面厚い雨雲に覆われて、小雨が降ったりするあいにくの天候で、星の観察は難しそうに思われました。ところが夕方になると、少しずつ西の空の雲が切れてきて、星々がどんどん現れ始めました。
 19時07分頃には、ISS(国際宇宙ステーション)が上空をちょうど通りかかり、輝きながら移動していく様子を観察することができました。

そのうち、木星も見え始め、観察会が終わる頃には、すっかり雲が無くなるという思ってもみなかった好条件に恵まれました。
( 木星の周りには4つのガリレオ衛星がまとまってへばりついていました )

  日中のあいにくの天候でお客さんは1家族だけだったのですが、その分、会員仲間で、木星や春の星座や二重星などを久しぶりにゆっくりと堪能しました。 (^_^)



2017年4月15日土曜日

◆ 今年初の観察会は・・・ (*_*)

 晴れたらギラギラ輝く木星とともに、こんな感じの星空が見られるのですが、この天気ではちょっと難しいかな?!

本日、今年度最初の星空観察会です

お久しぶりのキリエシです。
皆様、お元気でしたでしょうか? (*´ω`*)

本日は、横手星の会の、2017年最初の星空観察会となっております。
会のメンバーが、各々の望遠鏡や双眼鏡を持ち寄って、星空を見上げます。

たまに脱線して、車や趣味の話で盛り上がります( ´艸`)


興味のある方は、立ち寄ってみませんか?
参加費無料ですよ☆



   とき 4月15日(土) 19:00~21:00予定
   場所 ふるさと村第4駐車場 
      (ふるさと村の裏側、温泉施設が見える側です)
       ※ 曇天 プロジェクターなどによる特別プログラムを
            予定しています。
         雨天 中止

2017年4月11日火曜日

◆ いい天気に誘われて・・・

 昨日は満月前日でしたが、久しぶりに雲が晴れてきたので、月と木星、そしておとめ座のスピカを1枚に収めようと、東山がよく見える高台を求めて、大森の方に行ってきました。
 満月直近とあって、煌々と輝く月の光に、惑星の王様木星や1等星スピカの光もすっかり飲まれてしまっていました。
 月のすぐ下に見えるのが木星、そのずっと下にわずかに光った見えるのがスピカです。
 


  家に戻ると木星がちょうど良い具合に昇ってきたので、木星を撮ることにしました。
 比較的気流が落ち着いているように思えたのですが、拡大して見ると、けっこう揺らいで見えました。また、春霞のためか、透明度は今一歩というところでした。

 見えているガリレオ衛星は、木星に近い方から、イオ、エウロパ、ガニメデです。
 今朝は、パンスターズ彗星を見ようと早起きしましたが、空はすっかり薄雲が広がっていました。残念!
 

2017年4月5日水曜日

◆ 久しぶりの太陽

 久しぶりにとても良い天気の休日になったので、太陽に望遠鏡を向けてみました。
黒点の少ない日が続いていたのですが、珍しくにぎやかに見えていました。
 黄砂やスギ花粉を気にしながら、早々に撤収しました。



TSA120 +太陽フィルター + ×1.5エクステンダー + EOS6D の1枚撮りです。

2017年4月2日日曜日

視野の隅々までシャープですさすがHG

ボッタクリ

先日、某サイトで掘り出し物を見つけました。
何と、ニコンHG10x42です。
片方のレンズに汚れがありましたが、
分解掃除して少しは綺麗になりました。
満天星さんに言わせるとボッタクリです。

2017年4月1日土曜日

★ アルデバラン食

 今日は、おうし座の1等星アルデバランが、月齢4の月に隠されました。
あまり天気が良くなかったのですが、潜入時刻の18時45分くらいには、月の周りの雲がとれて、アルデバランもよく見えるようなりました。
 望遠鏡で見ていると、月の裏側に本当にスッと消えていきました。

 再び月の裏からアルデバランが現れる19時50分頃には、機材も整えて何とか撮影することができました。
 10月10日の早朝3時から4時にかけて、再びアルデバランの食が見られます。


 
  

2017年2月28日火曜日

◆ 久しぶりの素晴らしい天気で・・・

 今日は春の到来を感じさせる素晴らしい天気になりました (^_^)
 日暮れ時には宵の明星に月齢1.5の細い月が並び、それはそれは素晴らしい夕景でした。金星の左上には来年大接近する火星も見えていました。
暗闇がせまると、地球照に映し出された月の暗い部分が丸くはっきりと見えました。

夜には星見に出ようかと思っていたのですが、寒さに負けて一杯やってしまいました (*^_^*)

2017年2月18日土曜日

◆ プラネかまくら

 
 今年の雪まつりに 「かまくらの中でプラネタリウムを・・・」 という興味をそそられる企画がありました。数人ずつわずか90秒程度の短い鑑賞時間でしたが、早速この目で確かめてきました。
 投影機材は、昨年春から販売されている大平技研のメガスタークラスでした。1台140万円もする本格的なものです。
 雪まつりに合わせてソフトイメージの投影でしたが、数えられないくらいの星々は、さすがメガスターといった感じでした。
 横手の雪まつりも終わり、雪国秋田にもいよいよ春が近づいてきます。春の星々の輝きをはやく見たいものです。

 
参考URL : http://www.megastar.jp/class/